日本生活体験学習学会

日本生活体験学習学会の公式ページです

会員研究情報

書籍紹介「持続可能な地域づくりと学校」

2018.6.15

会員の添田祥史先生が共著を出版されましたので、
ご紹介いたします。

0818183747_5996b56b65f69

出版元書籍紹介ページ

書籍紹介「地方に生きる若者たち」

2018.6.15

会員の上野景三先生が共著を出版されましたので、
ご紹介いたします。

地方で暮らす若者_カバー.indd

上野会員からのご紹介です。

 10年にわたって岩手県、山形県、大分県、宮崎県の130人の若者へのインタビューを行い、地方に暮らす若者の生活を、雇用・キャリア形成・家族・ジェンダー・教育・地域社会といった多面的な角度から分析。 労働社会学、家族社会学、労働市場論、経済地理学、ジェンダー研究、教育社会学、社会教育学など、異なる専門分野の研究者たちで地方に生きる孤立化する若者たちの問題にアプローチした労作です。

出版元書籍紹介ページ

書籍紹介「実践 地域を探求する学習活動の方法」

2016.11.9

会員の玉井康之先生が共著を出版されましたので、
ご紹介いたします。

61EYBzvYf3L

玉井会員からの著書のご紹介です。
本書は、地域社会教育と社会科教育の合体を目指した内容です。体験学習・社会活動・地域活動は、これまでは社会教育分野として扱われていたため、学校教育と切り離されてきました。次期学習指導要領では、「社会に開かれた教育課程」が目指され、生活・地域・社会と学校での教科を結びつけてとらえることが奨励されています。このような段階になると、いかに学校教育および教科の中に体験的な活動や地域活動を連動させていくかも、カリキュラムマネジメントとして重要になってきます。「社会に開かれた教育課程」は、全生活を通じて社会と学校を結びつけ、思考力・実践力を培うことが目指されています。これまでの指導要領の変更の歴史の中では、“学力”か“生きる力”かの議論が揺れ戻されてきたが、今回の指導要領では、全生活過程を通じて生きる力を培うことが目指されています。すなわちようやく本来的な学校教育と地域教育が融合しはじめたと言えます。本書は、そのような、地域と教科を結びつけて、「社会に開かれた教育課程」の具現化に取り組んだものです。

出版元書籍紹介ページ